• javaというと、「古臭い言語だから、今さら使えないだろう」と思っている方も多いと思いますが、今ではアプリでも用いられている言語となっており、知識があることで仕事でも生かすことが出来るんですよ。中には、「アプリ作成にチャレンジしたい」と考えている方もいると思いますが、そういった方にとっても、javaは身に付けておくと良いでしょう。

    では、javaの仮想マシンという特徴を生かしたアプリ作りについてご紹介しましょう。実は、javaの一番の特徴とも言えるのが、仮想マシンという考え方。「どういうこと?」と思われる方がいると思いますが、javaは、自身の中にソフトウェアによる、コンピュータをもっていることになり、これをプログラムすることで動かすことが出来るということ。「どうして、わざわざそんなことをする意味があるのだろう?」と疑問に思われる方もいると思いますが、こうすることで、異なる機種間などによって違いを失くすことが出来るためなのです。ということは、javaを用いて作成したアプリであれば、WindowsでもMacでも、それぞれのマシンの機能を用いることなく、プログラムを作成することが出来るということです。

    携帯電話・スマートフォン・カーナビなどでも、仮想マシンがあればどういったものでも対応することが出来るのです。これは、javaの大きな強みといえるのではないでしょうか。これらの特徴を理解していれば、パソコンがなくてもマシンさえあればjavaを利用することが出来るということになりますから、javaの魅力が理解できると思います。

    このように、javaというのはjava自身がソフトウェアによるコンピューターを持っていることになりますから、様々な機種間の違いを失くすという特徴があります。これらの特徴を生かすことで、アプリ作りにも役立てることが出来るでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

Recent Posts